【韓国旅行】釜山・蔚山から行ける☆彦陽の「キワチッ」で名物プルコギを食べる!

韓国の彦陽(オニャン/언양)は彦陽プルコギが有名な街です。

韓国でよく食べるプルコギといえば、タレに漬けた牛肉を平たい鍋で焼いたものですが、彦陽プルコギはタレに漬けた牛肉を網に乗せ、炭火で焼きます。韓国の3大プルコギの1つと呼ばれているそうです。

彦陽は釜山と蔚山の間にあって、釜山からだとバスで30~40分くらいで行けます。私は蔚山に行ったついでに、この名物プルコギを食べてみることにしました。

スポンサーリンク

蔚山からはタクシーで15~20分くらいで行けました。

ちなみに彦陽はKTX蔚山駅からとても近いので(タクシーで5分くらいです! 蔚山の町中に出るよりも近いぞ(汗))、蔚山へ行くのにKTXを使ったときは、ちょっとタクシーで彦陽に寄って、名物プルコギを食べてから、蔚山に向かうというのもいいですよ!

この「キワチッ(기와집)」というお店に行きました。

人気店のようで蔚山でタクシーに乗ったとき、運転手さんにお店の名前を伝えたら、ちゃんと連れて行ってくれました。
韓国のグルメ番組でもよく紹介されるお店のようですね。

場所はここです。

営業時間は毎日11時~21時のようです。

土曜日の午後に行ったせいか、お店の前には入店待ちのお客さんがぎっしり!! お昼の時間を外して来たのですが、それでも賑わっていました。時間がかかりそうでしたが、せっかく来たので待つことにしました。

お店の入り口に、日本のファミレスのように名簿ノートがあるので名前と人数を書いて待ちましょう。
アルファベットでも大丈夫ですが、せっかくなら自分の名前のハングル語を覚えて、書いてみるのも楽しいですよ!(^^)

庭が広くて綺麗なので、縁側に座って花を眺めながらお喋りしていたら、そんなに待つのは苦痛ではありませんでした。(でも30~40分くらいは待たされたと思います)

順番が来ると、お店のお姉さんが「○○님~」と呼んでくれました。님(ニム)は「様」のことです。

店内は韓国の伝統家屋風で、とても風情がありました。

メニューは色々あったのですが、彦陽プルコギ(언양불고기)以外はよく分からなかったので(汗)、「オニャンプルコギ!」と注文しました。お店の方も観光客に慣れているので、ちゃんと人数分の食事を用意してくれました。

メニューには「キワチップルコギ(기와집불고기)」と書いてありました(^^;)

まあ、「オニャンプルコギ」「プルコギ」で通ります。

バンチャン(おかず)が続々と登場します!

プルコギです! 甘いタレが癖になる美味しさです。炭火なので香ばしかったですよ。

味噌チゲも美味しかったです☆

2人分食べて、20000₩(≒2000円)くらいだったと思います。
ビールは1本頼んで3000₩(≒300円)でした。

釜山にも彦陽プルコギのお店はたくさんあるみたいなので、興味のある方は是非食べてみてください☆

小旅行感覚で彦陽まで足を運んで、名物のプルコギを食べるのも楽しいですよ!

ぽちっと押してくださるとランキングがあがります。よろしくお願いいたします♪

 ↓ ↓ ↓ 


海外ランキング

スポンサーリンク

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする