【レシピ】「三食ごはん 山村編」の料理を作ってみた! 煮干しとエゴマの葉の煮つけ

ピリ辛でほんのり甘い、韓国版“おふくろの味”の煮つけです(^▽^)/
これをおかずにご飯が何杯でも食べられちゃいますよ☆

スポンサーリンク

<材料> 2~3人分
エゴマ       10枚
玉ねぎ       1/4個
煮干し       10g
小葱        3本
韓国産青唐辛子   1/4本
醤油        大さじ1
ナンプラー(※1) 大さじ半分
粉唐辛子      大さじ1
梅エキス      大さじ半分
すりにんにく    大さじ半分
ごま油       小さじ1
ごま        小さじ1
だし汁(タレ用)  大さじ1
だし汁(煮込み用) 100cc

梅エキスは日本のスーパーでは入手しにくいですが、通販で買えます。
Amazonで梅エキスをさがす
楽天市場で梅エキスをさがす

だし汁は、放送では玉ねぎの皮、煮干し、ママカリなどなど、いろいろな材料で濃縮だしを作っていました。そこまでは真似できないので…(^-^; お好みの具材でだしを作ってください。だしの素を使っても全然大丈夫です!

※1…放送では塩辛エキスを使ってましたが、日本では入手にしにくいのでナンプラーで代用しました。

スポンサーリンク

<作り方>
① 煮干しは頭と内臓を取り除きます。
② 玉ねぎはスライス、小葱は小口切り、青唐辛子は細かく刻みます。
③ 醤油、ナンプラー、粉唐辛子、梅エキス、すりにんにく、小葱、ごま油、ごま、だし汁(タレ用)、青唐辛子を混ぜて、タレを作ります。
④ ①の煮干しを熱した鍋で乾煎りして、取り出しておきます。
⑤ 鍋にだし汁(煮込み用)を入れ、エゴマの葉5枚を並べます。
⑥ その上に玉ねぎ、煮干し、タレをそれぞれ半量のせます。
⑦ その上にエゴマの葉5枚を並べます。
⑧ その上に残りの玉ねぎ、煮干し、タレを入れます。
⑨ 煮立ってきたら蓋をして、弱火で10分くらい煮ます。
⑩ 煮汁がなくなってきたら出来上がりです。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする